第参話 声優、張り出された後

back up Forward
Top
「ぁ〜あ、まさかほんとにやるなんてねぇ〜……ぇ? もう本番始まってるの?! あ、こんにちは。毎度おなじみ、司会の舞木 静ちゃん、で〜す!」
音夢「大羽 音夢ですぅ〜」
「さて、今日は、ヒロインドリーム2の声優さんに関する話題を届けちゃうからね〜。結構気にしてる人も多いみたいだし。」
音夢「で、今日は、なんとゲストが来てます〜。」
「はい、ゲストの神楽 姫子ちゃんですー!パチパチパチ。」
姫子「は〜い。紹介ありがと。神楽姫子です。よろしく。」
「わーい、姫ちゃんひっさしぶりぃ。そうそう、この間のテレビ見たよ。『渋谷でジュッ』とか言うやつ。」
音夢「見た見た〜。姫子ちゃん大人気だね〜。」
姫子「ぅ〜、別に見てくれなくてもいいのに。そりゃ、声優の仕事もたまにやってるけど、本職は歌手なんだからね、あたしは。」
音夢「その割にはずいぶん楽しそうだったね〜」
姫子「ま、まぁあれはあれで楽しいこともあるわよ、そりゃ。それよりいいの? スタッフの人怒ってない? あれ。」
「いつものこといつものこと(笑)。ま、じゃ、そろそろ本題に行こっか。」
音夢「そんなに急がなくてもいいのに〜。」
「じゃ、まずは資料を見てね。」
(資料となるページが廃止されたため、見ることが出来なくなりました)
「まず、主人公の 御前 静ちゃんね。」
姫子「なんか、見事にバラバラね。」
音夢「なぁ〜んか、伏せ字が多いんだけど……」
姫子「高山みなみ、と言うのはなかなか面白いわね。演技は上手いし、歌も上手いから。」
「山崎和佳奈さんや、吉田古奈美さん、ってのもいい感じよね。『知的』『天才肌』ってのが大体のイメージみたいだけど。」
音夢「次は 九櫛 円ちゃん〜。矢島晶子さん、っていいかもぉ〜。」
「あ、うんうん! あたしもそれ思ってた!」
姫子「冬馬由美、鶴ひろみ、ってのは割とオーソドックスよね。あと、桑島法子や岩男潤子はちょっと違うような気がするわね。」
「じゃ、次は神依 雛ちゃんだけど……関根明子、って、誰?」
姫子「なんか、と○メ○に出てた人らしいわよ。」
「ん〜、聞いた事無いから、パスッ! あははは」
音夢「丹下桜さん、ってのがよくわからないかもぉ……。美人、って声じゃないよねぇ……。」
姫子「で、次は誰?」
「社 流音ちゃんね。天野由梨さん、久川綾さん、ってのはいい感じよね。」
音夢「笠原弘子さんは……歌がちょっと……」
姫子「歌手って事はあたしの後輩みたいなものでしょ? 歌の下手な奴なんか選んだら承知しないわよ」
「さて、最後は美宗 舞ちゃん。」
音夢「今井由香さん、日高のり子さん、くまいもとこさんと、男の子役で味を発揮してる人が多いですねぇ〜」
姫子「あたし個人としては、平松晶子っていいと思うんだけどね。ゆ○み声ってのが」
「それにしても、見事にバラバラだったね〜。どうなるのかな?」
姫子「あたしが知るわけないじゃない。」
音夢「早く決まるといいね〜。そうすれば、また、あたしたちの出番ができるしぃ〜」
「あ、そうだよね。というわけで、はやく決めて欲しいなっ、と」
姫子「じゃ、またね。今度はもう少しまともな内容にしなさいよ」

back
第弍話へ
up
目次へ
Forward
第四話へ
Top
メニューに戻る