[表紙] > [出演作品紹介] > [歌]

ちなちなの出演作品:歌

収録作品・アルバム曲名
超くせになりそう
イクセリオン
ビット・ザ・キューピッド
JAJA姫武遊伝
魔法騎士レイアース
ガーディアンリコール
ゲゲゲの鬼太郎 ソングコレクション第一集
Cross Romance
バトルスキッパー
  • イヤリングをはずす時
天地無用!(SegaSaturn版)
  • 姫秘めて候
  • NO ONE IS THERE
  • 夢の覚めない日の中で
Little Step イメージアルバム
魔法ロイド のぞみちゃん達!
ハーメルンのバイオリン弾き
ラジオドラマ トゥルーラブストーリー
BURN-UP EXCESS オリジナルサウンドトラック
万能文化猫娘 う゛ぉーかるあるばむ2
聖少女艦隊バージンフリート
  • 行け! バージンフリート
CD DRAMA Desire
Advanced V.G.2
金田一少年の事件簿オールスターズ LOVE SONGS
Sonata
  • We Get Power 〜私を感じて〜
爆走兄弟レッツ&ゴー!! GIRL
アキハバラ電脳組ドラマシアター Dennohgumi-2010・夏
セラフィムコール
ゲートキーパーズ ボーカルアルバム
六門天外モンコレナイト 音楽と唄のアルバム MONDO SIDE
ゲートキーパーズ スピリッツ
フェアウエルフォート
アクエリアンエイジ Sign for Evolution SPHERE1: Influential 阿羅耶識
ちっちゃな雪使いシュガー magical stage 2
  • グレタイズム
円盤皇女ワるきゅーレ

オリジナルアルバム
Chinaism 〜ヒロインドリーム〜
Rhythm & Breeze 〜風にはずむ〜

超くせになりそう

 なぎさちゃんのデビュー曲。作品中で歌われた回数も多いです。
 余談ですが、この歌、1話と、2話以降は別録音だそうです。 そのためか、改めて1話の歌を聴いてみると…… すっげぇ、音、外れてます(^^; わざとなのか、こうなってしまったのかは判りませんが (こうなってしまった、ような、気も、する(^^;))。
 いつのまにか、X2000にこの歌が入っていました。 選曲番号は 200-20 です(MAC21では36037)。ただし、"X2000専用曲" となっており、 一部のカラオケシステム(ALISA3など)では歌えないようです。

▲ページの先頭に戻る▲

好きになったら最強!

 なぎさちゃんの2番目の歌。非常にノリのいい曲で、 聞いてるだけで元気が沸いてくる、そんな感じです。
 ちなちなの歌の方向性を決定付けた曲、といって過言では無いでしょう (^^; ちなちな自身もお気に入りの歌だそうです (アルバム版よりもTV版の方が好きだそうです)。
 この歌、タイトーの通信カラオケ X2000に入りました! 選曲番号は 200-21 です(MAC21では32499)。 みなさん、大声で歌いましょう(命令)。曲の出来もなかなかのものです。

▲ページの先頭に戻る▲

夢の風船

 上の2つに比べて、可愛らしい曲です。 ただ、作中でもアルバムでもフルサイズバージョンは聞けませんでした (;_;) そのため、あんまりインパクトはありません(^^;

▲ページの先頭に戻る▲

なぎさのセレナーデ

 ゆったりした、おとなしい感じの歌です。でも、作中でもアルバムでも、 デュエットバージョンしかなくて、ちなちなだけの 「なぎさのセレナーデ」はついに聞けずじまいでした。(;_;)
〔2000/05/05 追加〕 「超くせになりそう」第17話「ぼくのなぎさ わたしのなぎさ」で、 なぎさちゃんのソロによる「なぎさのセレナーデ」が流れていました。 コンサートのシーン、しかも、応援とかが入ってないので聴き応えばっちりです。
(Thanks to 謎の七夕生まれの人 さん)

▲ページの先頭に戻る▲

ペテル・ギウス様に恋をした!

 作曲者が川井憲治だけあって、いかにも川井憲治な曲です(^^;。 ちなちなお得意のアイドルソングで、歌いおわった後の「イェーイ!」が 気持ち良いです(アルバムには入ってない……)。
 タイトーの X2000に、なぜか入ってるので、X2000行った時には歌いましょう (選曲番号:302-04)(MAC21では19826)。 多少音が外れてもノリノリで歌うのがコツです(^^; いや、結構むずかしいのよ、これ……

▲ページの先頭に戻る▲

わがままに抱きしめて

 「ビット〜」のサントラに収録されている歌。 本編ではインストで使われたことが何回かあったかな?
 明るい元気な歌で、ちなちなの魅力は十分に発揮されてます。

▲ページの先頭に戻る▲

good luck, good night

 これまでの曲とはうってかわって、静かな、子守歌。 やはりこういった歌は慣れていないのか、若干硬さが感じられます。
 しかし、「わがままに〜」もこの歌も、 トゥインカが歌っているところが想像できません(^^;

▲ページの先頭に戻る▲

恋は食べ頃・私お年頃

 「発情ソング」(笑)。
 なんか、元気よすぎてそのままどっかイッちゃいそうな歌です(^^;

▲ページの先頭に戻る▲

恋のタイムリミット

 押しの強いラブソングです(^^;。 ちなちならしいというかなんというか……。
 作曲者が「超くせ」関係と同じため、なにか懐かしいような感じを受けます。 しかし、どこをどう聴いたら「アスカのイメージソング」になるんでしょうか?

▲ページの先頭に戻る▲

little angel

 ちなちなには珍しい、ロック調の歌です。かっこいいです。 でも、ロックじゃないよなー、これ。ミキシングいまいちだし。
 やっぱり、ちなちなにはアイドル系の歌が似合うなー。

▲ページの先頭に戻る▲

ロックだ、ねこ娘

 タイトル通り、ねこ娘のイメージソングです(^^;) いかにもねこ娘らしい、明るい、元気な曲に仕上がっています。 というか、もろ、ねこ娘声です(笑)。 さらに、時々出てくる独特の高音部がとても良いです。 また、歌詞・曲ともおぼえやすいのがポイント高いですね。
#でも、歌詞カードに平仮名と片仮名しか無いのには参った (^^;)
 「ゲゲゲの鬼太郎 ソングコレクション 第一集」 というアルバムに収録されているほか、シングルカット版も出ています。 (西村)ちなみに、シングル盤のC/Wは、千葉繁さん歌う「ねずみうた」です。 こちらも一聴の価値アリ(^^;)

▲ページの先頭に戻る▲

この空はどこにつづくの?

 久しぶりの、ちなちならしい、明るい歌です。 ただ、曲の展開がすごく妙で、歌いにくそうです(^^;。 サビがどこかよく分からないし。

▲ページの先頭に戻る▲

Memories

 ちょっとスローテンポなラブソング。 でも、前向き、という点ではやっぱりちなちならしい歌ですね。
 この歌も、「この空は〜」と作・編曲者が同じため、 やたら複雑な歌です。ちょっち、凝りすぎでないかい?

▲ページの先頭に戻る▲

でも、あいこでしょ

 ちょっと変わった歌です。 少なくとも今までのちなちなの歌には無かった曲ですね。
 しかし、ゲームやっていないんですが……モアイコって……。 これって、ギャグゲームなんですか?(^^;

▲ページの先頭に戻る▲

野望の主題歌

 「魔法ロイド のぞみちゃん達!」の主題歌。 ド派手な効果音とわかりやすい歌詞が特徴です(笑)。 歌っているのが「えん太 with のぞみちゃん達」なので、 ちなちなが全部歌ってるわけではありません、念のため。

▲ページの先頭に戻る▲

本気の恋をしよう

 「魔法ロイド のぞみちゃん達!」のキャラクターソング。 明るく楽しい歌で、恋をしたい女の子の気持ちが素直に表れています。 曲も素直で、ほんとに楽しんで歌っているような感じです。
 キャラクターソング…… ですが、また、あんまりキャラの特徴とは関係ないような歌詞です。 ことわざ入ってないし(^^;。 ただ、ドラマを聞いているとちょっとそれに引っかけている部分はあります。 (歌の途中で台詞とか)。合言葉は「ニコリン」(笑)。

▲ページの先頭に戻る▲

恋のベルが鳴る瞬間(とき)

 初恋を知った少女の歌、といった感じでしょうか。 非常に爽やかな曲で、ちなちなの音域ともよく合っています。 コルネットのイメージとは正直、あまり重ならないのですが(^^;)、 まぁよしとしましょう。
 しかし、「年下のあなたと〜」って、ハーメルで該当するキャラって、 トロンしかいないよなぁ。実際、いつも一緒にいたし。 となると、コルネットってショタだったのか?(笑)

▲ページの先頭に戻る▲

誰かに恋してる

 まず曲が非常に良いです。ちょっと古臭い感じもしますが、歌いやすく、 馴染みやすい曲に仕上がっています。 ぜひともカラオケに入れてほしい(^^;)
「またラブソングか……」と思ったら、恋する友達を応援する歌でした。 みさきちゃんの役柄を考えるとぴったりでしょう。 特にサビの部分は秀逸だと思います。
 個人的には久しぶりのヒット曲です。

▲ページの先頭に戻る▲

告白

 広瀬のぞみ役の藤野かほるさんとのデュエットソングです。 でも、みさき&のぞみパートは、 圧倒的にちなちなの声のほうがよく聞こえます(^^;)
 すぐそばにいる、好きな人への一途な想いを、大切にしていきたい、 といった歌です。みさきやのぞみといったキャラをかなり意識した歌ですが、 キャラを知らなくても良い歌だと思います。 ちなみに、作詞・作曲・編曲とも、"誰かに恋してる" と同じ人たちです。というわけで、歌詞だけでなく曲もいいです(^^)

▲ページの先頭に戻る▲

いつの日か また逢いましょう

 転校するみさきの気持ちを歌ったバラード。 これもまたいい歌です。ちなちなの歌も含め、TLSの歌は名曲ぞろいです。 トゥルラーなら買って損はありませんよ。
 バラード、ということで、ちなちなの歌レパートリーの中では珍しい歌ですね。 みさきの気持ちがよく現れていて、非常によいです。 みさきエンディングでこの歌がかかったら最高だろうな〜。

▲ページの先頭に戻る▲

TLSボーカルコクション Vol.3 みさきの部屋

 TLS出演声優によるボーカルコレクションの3枚目。 「みさきの部屋」というサブタイトルの通り、 みさきの歌う歌(デュエット曲含む)のみで構成されています。 また、各曲の前には、みさきのモノローグが収録されています。
  1. おはよう!(みさき)
     みさきの朝の風景。すごくさわやかで気持ちのいい歌です。 夢で見ていた、あの人に出会えて朝からちょっとした幸せ、 そんな気持ちを歌っています。
  2. 恋のキャッチボール(みさき&みどり)
     みさきとみどり、というちょっと意外な組み合わせ (個人的には嬉しいけど(^^;))。 二人とも恋には敏感で、 だけどはっきりと言いだせないでいる、そんな組み合わせでしょうか。 歌の方も早く自分の気持ちに気づいて欲しい、そういった歌詞になっています。
  3. ランチタイムラヴァー(みさき)
     お昼休みにお弁当を好きな人に届けに行く女の子。 その幸せそうな顔を見て、自分もあんなふうな恋ができるのかな、 とちょっと考えてしまうみさき。さすが人を見る目はスルドイ(笑)。 非常にノリのいい曲で、聞いていると楽しくなってきますね。
  4. ベストをつくせば(みさき&育美)
     いつも明るいみさきと育美。落ち込むときもあるけど、 前を向いて頑張ろう、という感じの歌。かなり育美ちゃん色の濃い歌ですね。
  5. 夢への歴史(みさきき&綾音)
     みさきの想いを応援する綾音……でいいのかな? キャラクター色は薄めですね。曲はなかなかいいんだけど、 キーがちなちな向けなので、菊池さんにはやや辛い気も。
  6. おやすみ…(みさき)
     本アルバム唯一のバラード曲。またあの人の夢が見られますように……。 非常にロマンチック……っていうか、激甘(^^;)。 こんな事言われたら毎日でも会いに行っちゃうよなぁ (^^;)。 ラストを飾る曲として実にすばらしい曲だと思います。
 前に上げた3曲を持っている人は、それも入れて 「みさきのボーカルコレクション完璧版」を作ると幸せな気分にひたれます(笑)。 お試しあれ。

▲ページの先頭に戻る▲

なぜなぜの果実

 ちなちなのお得意、アイドルソングです。ほんと、多いな(^^;)。 曲と詞は、まぁ及第点でしょうか。強いインパクトはないものの、 気持ちよく聴ける歌ですね。CDよりもライブで聴いてみたいです。
 余談ですが、歌っている北川アンナちゃん、わりと普通の髪形です(笑)。 色はマゼンタですが(^^;)

▲ページの先頭に戻る▲

演歌の途(みち)

 演歌です(笑)。ほかに何書けばいいんだぁ。 とりあえず、買って聴いてくれ。インパクトだけはあるぞ(^^;)。  とりあえず、演歌歌手になろうと思わなかったのは正解ですね> ちなちな(^^;)
 しかし、焼きそばまずくて残すのが演歌の道なのか(笑)。 深いぜ(^^;)

▲ページの先頭に戻る▲

恋するスウィートピー

 夏目龍之介役の伊倉一恵さんとのデュエット曲です。 なんというか、典型的な男女デュエット曲、でしょうか(笑)。 メロディアスな曲と二人分の歌詞(^^;)。 なお、歌詞は本編と内容はいっさい関係ないです(^^;)

▲ページの先頭に戻る▲

瓦礫の少女

 本編でもときどき出てきたSPEEDY少女隊のデビュー曲。 余談ですが、SPEEDY少女隊のメンバーは、「マホ(真ん中・川崎恵理子)」 「ミホ(向かって左・菅原祥子)」「シホ(向かって右・西村ちなみ)」 だそうです(^^;)
 特筆すべきは、CDにカラオケバージョンが入っているほか、 ブックレットにはどのパートを誰が歌っているのか、 一目で分かる楽譜がついている事でしょう。 というわけで、この歌を知っているちなちなファン以外の人 (川崎恵理子ファンと菅原祥子ファンならなお良し) を探し出して、3人で歌いましょう(爆)
 歌の方は、本編に似合わず(^^;)、なかなかしっかりできています。 ちなちなのパートも結構多く(個人パート以外は全部ちなちな入ってる)、 また、いつもの高い声ではなく低めの声で歌ってるのが珍しい点でしょうか。

▲ページの先頭に戻る▲

a wish

 CD DRAMA Desire に収録されているシェリルのイメージソングです。 しっとりとした歌で、大人の女性の切ない恋を歌い上げています。 とてもいい歌ですね。
 いつもの(笑)ちなちなの歌とはだいぶ印象が違いますが、 こ〜ゆ〜のもいいなぁ、と思いました。

▲ページの先頭に戻る▲

元気プリンセス

 Advanced V.G.2 のヴォーカルアルバムに収録されている、 御剣珠緒ちゃんのイメージソングです。 ……が、何となく歌声に覇気が無いような気がします。 歌詞も珠緒ちゃんのイメージとぴったり、というわけでもないし。 もう少し、「闘い」をメインにした歌でもよかった気もします。

▲ページの先頭に戻る▲

ALIVE

 “金田一少年の事件簿オールスターズ”の歌うCD「LOVE SONGS」 の中に収録されている歌です。アニメ「金田一」の “仏蘭西銀貨殺人事件” に登場した、高森ますみのイメージソングです。
 ちなちなには珍しい(^^;)、とっても今風な歌です。 アップテンポでシンセ多用の曲、早口な歌詞。 Every Little Thingとか、そんな感じ? よく分からんけど(^^;)。 こういう曲好きな人なら結構気に入ると思う。
 ちなちなの声的には若干低め。そう極端ではないですが。 ただ、全編、声になんかエフェクトがかかっていて、 こもったような感じなんですよね。アレンジとはいえ、少々残念な気も。
 歌詞の方は、「苦しくても、一緒にいよう。自分の信じた道を行こう」 といった感じ。なかなかいい歌ですよ。

▲ページの先頭に戻る▲

Lady, be BAD!

 レッツ&ゴー(WGP・MAX含む)の女性キャラ大集合なCDです。 その中に含まれる、佐上ジュンのテーマソングです。 かっこいい曲なんですけど、テンポが結構ゆっくり目でちょっと意外な曲。
 歌詞はジュンちゃんをよく表していると思います。 声質がジュンちゃんより低めなのも原因かな?
 最後のセリフはナイスだと思います。

▲ページの先頭に戻る▲

レディース・グランプリのテーマ

 こちらは全員参加のテーマソング。 こっちで歌っているちなちなの方が、ジュンちゃんらしい声ですね。
 イベントとかでラストに歌ったら盛り上がるんだろうなぁ。
 歌とは直接関係ないですが、ブックレットには、 レッツ&ゴーシリーズに出た全女性キャラが写真付きで紹介されています。
 ジュンちゃんやチイコ、ミナミ、マリナといったレギュラーキャラはもちろん、 WGPでの外国チームの選手、WGPスタッフとか、リポーターと言った 完全なわき役まで載せています。なかなかすごいものがあります(^^;)。 ただ、カラーでないのが残念。あと、「リポーターA」 はちなちなだったような気が(^^;)

▲ページの先頭に戻る▲

うずらの恋物語

 “アキハバラ電脳組ドラマシアター Dennohgumi-2010・夏”に収録されている、 うずらちゃんのテーマソングです。
 最初は演歌調の静かなメロディで始まるのですが、 途中から、ものすごい、煩悩丸出し超ハイテンションな歌になってしまいます (^^;)。インパクトの強さは多分史上最強。 はっきり言って、ドラマ本編よりもこの歌の方が面白い(笑)。 とにかく一度聞いてみることをお勧めします。

▲ページの先頭に戻る▲

50%のバランス

 セラフィムコール 第6話「村雨桜 〜愛の中の姉へ〜」のエンディングテーマソング。
 村雨桜は、いままでにない物静かな美少女、だったのですが、 この歌は、思いっきり、そんな彼女のイメージと違った(^^;)、 アイドル系のポップな曲になっています
 村雨桜のイメージ、を考えなければ、いい歌ですね(^^)。 ちなちなの声質にもよく合っています。

▲ページの先頭に戻る▲

杏仁豆腐的恋愛

 ゲートキーパーズのキャラクター、フェイのテーマソングです。 フェイちゃんの歌らしく、中国テイストたっぷりな曲と、 元気なフェイちゃんの姿が思い浮かんでくるような歌詞、 そしてフェイちゃん(ちなちな)の声が良く合っています。
 歌詞の中に食べ物がやたら出てくるのはご愛嬌。色気より食い気(^^;)。 本編でそんなに食べまくってる訳では無いんですけどね。料理好きだけど。

▲ページの先頭に戻る▲

にゃんこタンゴ

 モンコレナイト13話,45話で使われた挿入歌。 作中では一瞬しか流れませんでしたが、CDではフルサイズで収録されています。
 タイトルのわりには(^^;)、実は結構まともな歌詞。ちょっと意外。 本編でフルに流れてたら逆に浮いてたかもなぁ。
 作曲は「超くせ」の坂本洋さんですが、「超くせ」とはだいぶ雰囲気が違いますね。 あ、でもタンゴ調で作ってたらやっぱりこんな感じかな?

▲ページの先頭に戻る▲

鳳姫玲的散策

 CD「ゲートキーパーズ SPIRITS」に収録。 フェイちゃんのキャラクターソングなのですが、作詞をちなみさんが手がけています。 ちなみさんにとっては、初の作詞です。 フェイちゃんらしい&ちなみさんらしい、いい歌に仕上がっています。必聴。

▲ページの先頭に戻る▲

フェアウエルフォート

 「グループぴりか」の自主製作映画第一弾「フェアウエルフォート」 のイメージソングです。
 すごくやさしい感じの歌で、これまでのちなみさんの歌に無かったタイプの歌。 でも、ちなみさんの歌声がよく合っているのです。
 映画の中でも挿入歌として使われたので、 映画を見た方は映画のシーンが思い浮かぶのではないでしょうか。
 自主製作CDなので、ショップとかでは売っていませんのでご注意。 まだ持ってないという方は、通販を行っているそうなので、 ちなみさんのHP 「おさんぽでこつむじ」 にGo!

▲ページの先頭に戻る▲

帰り道

 アクエリアンエイジのイメージアルバム 「アクエリアンエイジ Sign for Evolution SPHERE1: Influential 阿羅耶識」 に収録されている、阪元流水子ちゃんのイメージソング。 といっても、あまりキャラクターソングっぽくないです。 雅楽っぽい響きが少し入るのが阿羅耶識風味でしょうか。
 ゆっくりしたバラードのいい歌です。 昔を思い出して懐かしんでいる、そんな感じの歌です。

▲ページの先頭に戻る▲

白き月の下で

 「帰り道」と同じく、 アクエリアンエイジのイメージアルバム 「アクエリアンエイジ Sign for Evolution SPHERE1: Influential 阿羅耶識」 に収録されている、阪元流水子ちゃんのイメージソング。
 こちらも、あまりキャラクターソングっぽくないです。 流水子というよりは、その転生前の姿、 弟橘比売命(オトタチバナヒメ) のイメージソングといった感じです。 さだめられた運命を悲しんでいるかのような歌。

▲ページの先頭に戻る▲

SoulMission

「円盤皇女ワるきゅーレ “たいせつなモノあげちゃいました!?”ソング・アルバム」 (COCX-31983) に収録されている、ハイドラのイメージソング。
 ユーロビート調の派手な曲です。ちなみさんの歌の中では珍しい方かな。 ちなみさん自身が「難しかった」と言ってますし。
 途中のハイドラのセリフは無くても良かった気が……。

▲ページの先頭に戻る▲

セーブ▼

 TVアニメ「円盤皇女ワるきゅーレ」のエンディングテーマ(“▼”はハートマーク)。 望月久代さん(ワるきゅーレ)、田中理恵さん(真田さん)、千葉紗子さん(秋菜) とのデュエット(……じゃないよな。4人だし。なんて言うの?)。 こちらもソングアルバムに収録されています。
 明るくテンポのいい歌です。カラオケとかで歌ったら盛り上がりそう (実際、本編でカラオケで歌ってたし(^^;))。 しかし、ちなみさんのパート、少ないぞ(;_;)

▲ページの先頭に戻る▲

chinaism 〜ヒロインドリーム〜

 念願のちなちな1stアルバムです\(^o^)/
 発売中のゲーム「ヒロインドリーム」 と若干リンクした形になっており、 ゲーム中の挿入歌3曲をちなちながカバーしています。
 曲目は以下のとおり。
  1. プロローグ「Fly to Fly」(inst.)
  2. CRYSTAL FANTASY
  3. Sail On
  4. 辛口カレーの作り方
  5. DISTANCE
  6. 雨にぬれて行きましょう
  7. 思い出に負けないくらい
  8. FLASH LIGHT VIBRATION
  9. New Stage
  10. Fly to Fly
  11. 流れ星をください

▲ページの先頭に戻る▲

Rhythm & Breeze〜風にはずむ〜

 満を持してのミニアルバムです。曲目は以下のとおり。
  1. Luckyをつかむ方法
  2. 純情可憐
  3. 月と向日葵
  4. emergency kiss
  5. あなたしか見えない
  6. Lost Summer
 企画のスタートは、ゲーム「リトルステップ」 に出演した時で、ゲームの中でボーカル曲を歌い、その時のディレクターが 「西村さんのアルバムを作ってみたい」 と言ったところから始まったそうです。
 全体的にスタンダードナンバー風の曲で固められており、 これまでのイメージとは違った、 「大人の女性」としての面が強調されているような感じです。
 曲的にはかなりいいのですが、ややちなちなの声域にあってないような……。 最初にこれ聴いた人は、なぎさちゃんや静ちゃんのような、 明るいキャラは想像できないだろうなぁ(^^;)
 あまりちなちな度は高くないかもしれませんが、従来のファン以外の人にも おすすめできる出来になっていると思います。お値段も安いですし(^^;)  これに関連して、NECの運営するインターネットホームページ 「Anime Japan」に、 ちなちなのインタビュー記事が載っています。 「Anime Japan」は、有料会員制、と言う形をとっていますので、 気をつけてください。詳しくは、「Anime Japan」内の解説を参照してください。

▲ページの先頭に戻る▲


Back
[歌]
Up
[作品紹介]
Forward
[イベント]
Home
[表紙]

Copyright 文月 十一郎 (Fudsuki Juichirou) Mail: fuzukiあっとdin.or.jp(半角/記号に変換してください)