[表紙] > [出演作品紹介] > [イベント]

ちなちなの出演作品:イベント

イベント名称開催日
1996年以前
1997年
1998〜1999年
2000年
2001年
第5回 Doki Doki Happy Theater 2002/03/09
G-onらいだーす&円盤皇女ワるきゅーレ 合同イベント 2002/06/30
Vステ夏の陣2002 2002/07/06,07
円盤皇女ワるきゅーレ DVD発売記念イベント 2002/09/29
ジャンプフェスタ2003 バンダイブース ドラゴンドライブイベント 2002/12/22

第5回 Doki Doki Happy Theater

2002/03/09(日) 東京 新橋・徳間ホール 14:00開演

トラブル含みの上映会

 徳間書店主催のアニメ上映&声優トークイベント。 場所は、東京・新橋の徳間ホール。 この第5回には、ちなみさんと、「シュガー」で共演した、 浅野真澄さん・真田アサミさんが出演しました。
 まずは、上映会。「ちっちゃな雪使いシュガー」の17話・18話の上映。 TV地上波では放送済みの回でしたが、ワイド版かつ大画面での上映…… でも、映写機が不調のようで、色がまともに出ない。ちょっと悲しい。
 上映の後は、早速、声優さんのトークコーナー。浅野さん・ちなみさん・真田さんが登場。 挨拶は「こんにちわっほー!」というのがラジオ以来のお約束なのですが、 ちなみさんは「あ〜ら、みなさん」とグレタ風に登場。 ちなみさんは、今までのイベントでのアンケートで、 出演してほしい要請が多かったらしいです。

グレタとアドリブ

 トークはやはりシュガーの話題が中心。 ちょうど、上映した17話でグレタがピンポン玉落とし勝負で勝ったシーンが話の種に。

西村 「アドリブで『初めて勝った〜、やった〜!』って言ったの」

司会 「アドリブだったの?」

浅野 「グレタのセリフの面白いのは、大体アドリブなんですよ(笑)。 何かあった時に、いや〜ん、お父様〜、とか言うのもちなみさんのアドリブなんですよ。」

 しばらくグレタとその父親についてのトークが続いた後、 ハガキによる質問コーナーに。
 最初の質問は「グレタ役に決まったときの感想を」。

西村 「えっと、オーディションとかは無くって、 いきなり『次のレギュラーです』って言われて(笑)。 『役名はグレタです』って言われたあとに台本見て、キャラとか見て、 『うわ、濃いな〜」って(笑)』」

と、実はご指名だったことが発覚。ただ、グレタのような役は初だったちなみさん。 台本に何度も出てきた「あ〜ら、サガさん」を印象づけるように気をつけたそうです。
 続いての質問は「グレタを演じるときにいつも心がけていた事は?」

西村 「高笑いとかはなるべく、高貴に、高貴に。しゃべり方もなるべく高貴に。 なんかもう、グレタは、最初から自分的にはまったのね。 やってるときにグレタが降りてきた感じなので、 あんまり意識はせずに、行けました(笑)」

浅野 「降りてきたからあんなアドリブが(笑)」

 そんなちなみさんのアドリブが、キャラを作って言った面が結構あったようで。
 アドリブという点では、他の人のセリフの後ろで、 けっこういろいろ面白いことを言っているそうです。

グレタ、その愛

 次の質問は

「サガに異常なくらいのライバル意識がありますが、 これはやっぱりサガへの激しい愛から来るものなのでしょうか?」

 これには場内大爆笑。

西村 「(グレタはサガの事が)もう、大ッ好きで大好きでしょうがない、 夢に見るくらいだと思う(笑)。フィルも負けてないよね」

真田 「ええ。グレタには渡さない(笑)」

浅野 「でも、サガはきっとそのこと気づいてないですよね」

司会 「将来、(サガとフィルは)結婚するんですかね?」

浅野 「(サガは)フィルと結婚しても、発明ばっかりにかまけて、 封筒張りとかしなきゃならない(爆笑)」

司会 「フィルとグレタはどうですか?」

西村 「グレタお金持ちだから、金にものを言わせて(笑)」

真田 「でも、発明やり放題ですね」

西村 「両方ともサガが好きだから、3人で暮らすってのは?」

浅野 「(笑)そうですね」

西村 「サガ大迷惑だけど(笑)」

 ちなみに、サガ役の浅野さんは楽器店のポールさんが好きなんだそうな。 あと、コーヒー屋のルキーノさんはサガの父親役(浅野さん的に)。
 最後の質問はちなみさんと真田さん自身への質問。

司会 「食いしん坊で有名な……有名なんですか?」

出演者・場内 (爆笑)

司会 「最近どんなおいしいものを食べましたか」

西村 「私、自称 黄レンジャー 声優なんで(笑)。最近食べたおいしいものは……一昨日、自分が作ったカレー。 カレーじゃん、みたいな(笑)」
# チキンカレーだったそうです。

真田 「最近食べたおいしいものですか……」

西村 「アサミちゃんもよく食べるよね〜」

真田 「でも、そんな、昔ほどは食べれないですよ〜」
# 昔、どれほど食べたんだか(^^;)。

西村 「さっきさ、控室で食べた中華のお弁当、おいしかったよね」

真田 「おいしかった(笑)」

こんばんわっほ〜!

 ここで、ラジオの公録パートに。

浅野・西村・真田 (せーのっ)「こんばんわっほ〜〜〜〜〜!!」

会場 「こんばんわっほ〜〜〜〜〜!!」

 ラジオ用トークは、アフレコの終わった最終回の話。

西村 「私自身は、すがすがしい、いいラストを迎えられたな、と思ってるんですが。 どうですか?(笑)」

浅野 「え〜、そうですね(笑)。良かったって感じ。 アフレコの現場の雰囲気とかも、終わったあとも楽しみだったし」

西村 「そうだね〜。雰囲気がとにかく。 メンバーがいい人ばっかりで、楽しい現場だった」

浅野 「最終回は、是非、ぜひ、見てくださいね。 感動的なラストが待っている、と、思いますので、 お楽しみに、という感じなんですけど」

司会 「なんか、最終回のエピソードとか、ありませんか?」

西村 「あ、監督ね、チェキで写真撮りまくってた」

浅野 「おつかれさまでしたー、ってやったあとに、こう、 『おつかれさまでした〜』って入ってきて」

西村 「写真撮りまくってたよね」

浅野 「思わず、『あの、関係者以外の方は〜』って言いそうになった」

会場(爆笑)

撮った写真は、現場に来れなかったスタッフに配られたそうです(^^;)。

 そんな感じで録りは一発で終了。この模様は、3月22日放送のラジオ「でじこのへや2」内で放送されました。

グレタイズム

 そして。今回のメインイベント。歌のコーナー。 歌うはちなみさん。そう。生「グレタイズム」!!

 会場からの大拍手のあと、いよいよ曲が流れだし「♪あ〜ら、サガさん〜」 ……ちなみさん、歌ってません。 そう、手違いで、ボーカル入りバージョンが流れてしまったのでした(笑)。 こんなハプニングもグレタらしい? 観客も出演者もびっくり。

 気を取り直して、再スタート。今度はちゃんとちなみさんの生歌です。 まさに、グレタが降りてきたかのような歌いっぷり。 ステージ上には歌っているちなみさんの他に、浅野さんと真田さんもいたのですが、 「♪あ〜らサガさん」のフレーズで、浅野さんを見つめながら歌うちなみさんに、 本気でびびってる浅野さん&真田さん(笑)。 感想の高笑いのところで、サガを踊りに誘ったりと、ノリノリです、ちなみさん(笑)。 浅野さんが最後の「♪どこへ行くの、待って〜〜」のフレーズで、 舞台袖に隠れたのが演技とは思えませんでした。 もともとすごい歌なのに、生での迫力はものすごいです。 これだけで「行って良かった!」と言いきれるほど。

西村 「これって、グレタの登場時のテーマソングじゃない?
(歌が)上がってきたとき、『そのまんまじゃん』って(笑)。 びっくりしちゃった」

司会 「でもすごかったですね〜」

西村 「(CDには)カラオケもついてるから自分でも歌えますよ(笑)」

最後に

 こうして、30分ほどのトークパートは終了。そのあとはシュガー19話、20話の上映と、 「まほろまてぃっく」の上映、そしてまほろ関係者のトークイベント、 そして全出演者によるプレゼント大会と続きました(プレゼントは外れた(涙))。 イベントは4時間ちかい長丁場でしたが、とにかくトークパートの密度の濃さが印象に残ってます。

 なお、このイベントの様子が、発売中のDVD「ちっちゃな雪使いシュガー」 Season6のブックレットにちょこっと掲載されてます。 どうせならDVDに特典映像として収録してくれればいいのに(爆)。

▲ページの先頭に戻る▲

G-onらいだーす&円盤皇女ワるきゅーレ 合同イベント

2002/06/30(日)東京 杉並公会堂 15:00開演

 6月30日に、杉並公会堂で行われたイベントです。
 「G-onらいだーす&円盤皇女ワるきゅーレ 合同イベント」というわけで、前半はG-onらいだーす第1話の上映と、出演声優さんたちのトークショー。第2部がワるきゅーレ編になっています。こちらも、第1話の上映後、声優さんたちのトークショー。出演は、ワルキューレ(大)役の緒方恵美さん、わるきゅーれ(小)役の望月久代さん、ハイドラ役の西村ちなみさん、時野和人役の鈴村健一さんが出演されました。ちなちなはブルーのワンピースのロングスカート姿で登場。
 挨拶のあとは、早速トーク。まずは各キャラの印象など。ハイドラは、「思ってた異常に言葉が乱暴で。でも、その中で彼女のかわいさを出していきたい」と、難しい役にチャレンジのしがいがありそうな感じ。ちなみさんのお母さんはバリバリの江戸っ子らしいです。 あと、鈴村さんが和人について話してるとき、

鈴村 「ロリコン疑惑までもたれて……ぁ、僕はロリコンじゃありませんよ」

観客 「え〜〜〜〜〜〜〜?」

と、なぜかロリコン疑惑が(笑)

緒方司令、ノリノリ

 続いては、アフレコ現場の雰囲気について。盛り上げ役は緒方さん。で、それに真っ先にのってくるのが望月さん(笑)。全体的にはとても和やかな雰囲気だそうで。 それから銭湯の話題。望月さんは、この番組がきっかけで、久しぶりに銭湯の前を通ったらしい(笑)。鈴村さんは銭湯愛好者。ちなみさんとコーヒー牛乳とかで盛り上がる。最近は、露天風呂とかプールまである銭湯もあるそうで。 ちなみさんは、銭湯の他に、車で町田にある「万葉の湯」という温泉まで行ったり。 緒方さんは、生粋の江戸っ子というわけで、近所にも銭湯は多いとか。
 それから、ワルキューレのコスプレ衣装を着たモデルさんが登場。会場からは「緒方さんは着ないんですか??」という声がかかり緒方さんは「その話題には触れるな」と照れ笑い。

 そんなわけで、20分ほどでトーク終了。そのあとは、ミニライブと抽選大会が行われました。 緒方さんと望月さんがほとんど話を食っちゃって、ちなみさんのトークがあまり聞けなかったのがやや残念でした(観客も煽るし……)。いや、緒方さんのトークは面白いんだけども。ちなみさんの歌も無かったしね。

▲ページの先頭に戻る▲

円盤皇女ワるきゅーレ DVD発売記念イベント

2002/09/29(日)
1回目……ヤマギワソフト イベントフロア・13:00開演 13:50閉演
2回目……石丸電気 イベントフロア・15:00開演 15:45閉演
3回目……ゲーマーズ本店1号館 イベントフロア・17:30開演 18:10閉演

 アニメ「円盤皇女ワるきゅーレ」のDVD1巻の発売を記念しての、 インストアイベントです。出演は、ワるきゅーレ(小)役の望月久代さんと、 ハイドラ役の西村ちなみさん。半日で秋葉原の3店舗を回る、 なかなか過密スケジュールなイベントでした。
 各回とも構成はほとんど同じで、司会の人からの質問(主にワるきゅーレ関係の) に対する答えを中心にした二人のトーク、客席からの質問コーナー、 抽選会、握手会でそのまま退場、といった流れでした。

第1回(ヤマギワソフト)

 遅刻してしまい、最初15分ほど聞き逃してしまいました(;_;)
 質問コーナーでは、「スタジオでの鈴村さん(時野和人役の声優さん)の扱いはどうでしたか?」という質問に、「だって鈴村君はロリコンだもん」とバッサリ<ちなちな。 一応、「仲良くやってたよね」とフォローを入れるものの、やっぱり最後にはロリコン扱い(笑)。
 「二人にとって一番大切なものは?」という質問では、 望月さんが「いろいろありますよね……車とか」で会場爆笑。 さらに、

西村 「でも中古でしょ?」

望月 「それでも大切にしてるんですよ」

西村 「それにしては、隣の家にガーンって(笑)」

というちなみさんのツッコミが。もっとも、その後、ちなみさんの答えの番のときに

西村 「大事なものか……う〜ん」

望月 「お米?」

と返されてましたが(笑)。
 次の質問は「カレー部の活動について」。 カレー部の活動は1回のみで、ラーメン部の活動の方が多いとか。 また、みんなでカレー屋に行ったとき、ちなみさんが財布を忘れてて、 マネージャーに借りたまままだ返してないというエピソードも。 当日財布を忘れて遅刻しただけに笑えませんでした(^^;)
 「ワるきゅーレのキャラで自分以外のキャラをやるとしたら誰をやりたいですか」 という質問では、望月さんは真田さん、ちなみさんはシロ。 だけど、シロのセリフを思い出せないで真似のできないちなちな。
 抽選のあと、二人からの告知があったんですが、 「がんばりますっ」しか言わなかった望月さんが印象的でした (次の週からシスタープリンセス・リピュアが始まるというのに!)。

第2回(石丸電気)

 場所を変えての2回目。
 ハイドラを演じた感想は「ちっちゃいのと大きいの両方できて楽しかった。 あと、後半は秋菜とのやりとりが面白かった」そうです。 また、DVDに収録されてる1・2話で印象に残ってるシーンは、と聞かれて望月さん 「オープニングがだんだん変わっていくのが……(笑)」 いや、それは言っちゃいかんでしょう(笑)。
 自分の演じた役との共通点は、という質問では、 望月さんは「子供っぽいところ」。 ちなみさんは「さっぱりサバサバしているところ」だそうです。 役作りとしては、子供と大人のメリハリを付けるのが大変だったようです。 なお、ちなみさんはセリフの多い役の方が得意だそうです。 「この尺に入れろ、っていったら意地でも入れるんで」

 最後は司会の趣味で、野球の話題。ちなみさんはダイエー好き。 望月さんは特に興味無いみたいでしたが、珍プレー集は面白かったらしいです。
 客席からの質問では、「休みの日はなにをしてますか?」。 望月さんは家で寝てるそうです。ちなみさんは映画や掃除・洗濯など。
 抽選のあと、二人からの告知があったんですが、 「がんばりますっ」しか言わなかった望月さんが印象的でした(爆)。 劇場版ピアキャロは出てきたんですけどねぇ(^^;)

第3回(ゲーマーズ)

 3回目はゲーマーズ本店のゲーマーズカフェが会場。
 ハイドラという役について聞かれたちなみさん。 ワるきゅーレの収録は朝方だったので、 テンションの高い役(ハイドラ)は少々きつかったらしいです。
 また、延長の決まった「ラジオわるQ」については、 「(勝負のコーナーで)このところ負け通しなので ──なぜか、体育会系な罰ゲームは毎回わたしだから── そのあたりをがんばっていきたいかな」という頼もしい(?)お言葉も。
 この作品で気をつけていたことは、 「アフレコが朝からだったんで……寝坊しないこと(笑)」だったというちなちな。 いつもホームページの更新とか深夜だし、切実です(笑)。 といっても10時ごろだそうですが。 ちなみに、「何時ごろが理想?」との質問には 「朝の30分てすごい貴重だから、ちょっとでも遅い方」  うん、分かります。
 エンディングソングにも話題がおよびました。 「まだアフレコしてない時だったから、 キャラクターじゃなくて本人で歌ってくださいって言われた」 そうです。また、11月発売予定のドラマアルバムは、 ミュージカルみたいで楽しかったとか。

 続いては、客席からの質問コーナー。
 「ラジオわるQでのゲストや公録の予定は?」という質問では、 「公録やりたいねぇ。でも、やるとしたら大阪なのかな?」 という発言に、「せめて茨城で」という反応が続出。 スタッフ側も公録はやりたいそうなので、期待できるか?
 また、「好きな野球チームは」という質問も。 2回目で同じ質問をしてたので、スタッフと2回目も来てた人は思わず苦笑 (質問した人は3回目だけだったようで)。
 「好きな動物は」という質問に「なんでも好き」と答える望月さん。 犬の種類は?、と聞かれても「なんでも好き」(笑)。 ちなみさんは、インコとシャチ。猫も好きだけど、インコが餌になってしまうのと、 猫アレルギーなのでだめらしいです(なぜか爆笑する観客) (短毛種なら大丈夫らしいけど)。

 「アニメわるQで一番好きな話は?」という質問では、 ちなみさんは9話「秋菜小変身」を、 望月さんは4話「君の羽根がめざすもの」を挙げていました。

西村 「秋菜の言えなかったことが聞けたのと、子供っぽい秋菜が印象に残ってます」

望月 「三木(眞一郎)さんがやって下さったんですけど、 もう、おもしろくっておもしろくって……」

 ほかにも、田中理恵さん(真田さん役)が「湯煙」を「とうえん」と読んだとか、 緒方恵美さん(大ワルキューレ役)に 「(イベントで)DVDをいっぱい売ってきな」 と言われたとか (この日、緒方さんは別のイベントに出てたらしい(^^;))、 小泉内閣は好きでも嫌いでもないとかいった話が聞けました。
 抽選のあと、二人からの告知があったんですが、 「がんばりますっ」しか言わなかった(以下略)。 さすがに3度目ともなるとネタだと思うが(^^;)

キ○ィちゃんの悪夢

 そんな感じでイベントは終了。 最初にも書きましたが、各回ほぼ同じ内容だったので、 1回でもよかった気はしますね(^^;)(3回来た人は勇者、らしいし)。 でも、ちなちなのトークがたくさん聞けたし、 握手もできたし、少しだけどお話もできたし、 そういう意味では行って良かったな、と思います。うん。
 コストを考えなければ(爆)(各店舗ともDVDの購入が条件でした……)。

 で、実はこの他に(ちなみさんとは直に関係はないのですが)、 2回目の終了後、近所のマクドナルドヤマギワ店で、抽選会やったんですよ。 (どうみてもマクドのキャンペーンの余り物の) キテ○ちゃん or マ○メ○ディのぬいぐるみを買うと、抽選券が引けるという…… (ぬいぐるみ1個280円で1回、3個840円で5回)。 商品は、わるQのアニメの台本(12人)と、わるQ等身大ポップ(3人)。
 で、このグッズに惹かれてマックの前で並ぶ一部のファンの列。 いや、私も並んだんだけど(爆)。 30回引いたから……840×6=5040円の出費(爆) で、結局全部ハズレ(^^;)。 一番多い人は120枚ぐらい引いてた。金額は数えたくもない(爆)
 なお、ここで入手した等身大ポップは、ゲーマーズでのイベント会場に飾られ、 話題を呼んでいました。

▲ページの先頭に戻る▲


Back
[歌]
Up
[作品紹介]
Forward
[本人出演]
Home
[表紙]

Copyright 文月 十一郎 (Fudsuki Juichirou) Mail: fuzukiあっとdin.or.jp(半角/記号に変換してください)