[表紙] > [出演作品紹介] > [CD・ラジオドラマ]

ちなちなの出演作品:CD・ラジオドラマ

作品名キャラ名
銀河お嬢様伝説ユナ銀幕のミキ
神様はイジワルじゃない 夏川真奈美
JAJA姫武遊伝蛇々姫
トワイライトシンドローム チサト
アイドルプロジェクト クライム・プランニング バイトギャル&犯罪バイトギャル
声優だぁ〜い好き4“ウェディング・ベル” ドカチャン王女
魔法少女ファンシーCoCo森林真美
MAZE☆爆熱時空ランディ
クロックタワー2 ドラマCD(不明)
クロス・ロマンス MC こと 織田 真理
Wish破璃
魔法ロイド のぞみちゃん達! ピカリン
VIRUSエリカ
ラジオドラマ トゥルーラブストーリー みさき
まもって守護月天! −I LOVE YOU が言いたくて− 愛原花織
CD DRAMA Desire シェリル・シャトレート
トゥルーラブストーリー みさきの部屋へおいでよ みさき
ドラマCD みつめてナイト キャロル・パレッキー
アキハバラ電脳組ドラマシアター Dennohgumi-2010・夏 北浦和うずら
シーバス1-2-3キッス
アキハバラ電脳組ドラマシアター Dennohgumi-2011・春 北浦和うずら
恋する音楽小説 (ナレーション)
アーク・ザ・ラッド3 シェリル
ゲートキーパーズ 地球防衛外伝 鳳 妃玲
ミュージカル おじゃる丸 サウンドトラック おじゃる丸・小野小町
高機動幻想ガンパレードマーチ 夢散幻想 森精華・イトリ
高機動幻想ガンパレードマーチ 少女幻想 森精華
高機動幻想ガンパレードマーチ 英雄幻想 森精華・イトリ
アクエリアンエイジ Sign for Evolution SPHERE1: Influential 阿羅耶識 阪元流水子
ちっちゃな雪使いシュガー magical stage 2 グレタ
成恵の世界 その2「夏への扉」 魔砲少女4号ちゃん
成恵の世界Special その1「スチールハート」 魔砲少女4号ちゃん
みんなのがんぱれーど・まーち 1・2 森精華
円盤皇女ワるきゅーレ ワルキューレ宇宙大歌劇 ハイドラ

銀河お嬢様伝説ユナ:銀幕のミキ

 有名なシリーズのわき役です。最後までわき役に徹してくれました(T_T)
→[OVA版 ユナ]
→土井仁志さんのユナのページ

▲ページの先頭に戻る▲

神様はイジワルじゃない:夏川真奈美

 「やおい」なCDドラマです(^^; ぇ?やおいって何か、だって? ぃゃ〜ん、そんなことはずかしくていえな〜い(爆)
 真奈美ちゃんは、主人公が憧れる学園のマドンナ(女の娘、念のため) にあこがれる、少々レズっ気のある女子高生、です。なんかややこしいですが (^^;)
 7パートに分かれているんですが、ちなちなは1パート目に少しと、 3パート目で準主役をやってます。勇気があれば買ってもいいでしょう(^^;

▲ページの先頭に戻る▲

JAJA姫武遊伝:蛇々姫

 ちなちなは主役なんですが……すいません、聞いてません(^^; だって、あんまり面白くない、って聞いてたもので……。
 CDも出てますが、ドラマは買わず、 フルサイズの主題歌の入ったサントラだけを買いました(^^;

▲ページの先頭に戻る▲

トワイライトシンドローム:チサト

 最近流行りの、「学校の怪談」みたいなCDドラマです。 学校の怖い話を確かめようと、 3人の女子生徒たちが深夜の学校に入っていくのですが……。
 でも、ちなちなはあんまり目立ってません。 もともとキャラクターよりも話の内容、 怖い雰囲気を重視した内容なので仕方ないかもしれませんが。
 余談ですが、3人の女子生徒、 というのはちなちなの他に井上喜久子さんと平松晶子さんが演じています。 で、平松晶子さんと深夜の学校……もしかして、 ドリフターズなんかが隠れてたりして……キャハハハ、 という莫迦な展開を考えてしまったのは私だけでしょうか?(^^; (from ゆみみみっくす)  残念ながら、発売元のメディアレモラスが解散してしまったため、 廃盤となっています。運良く店で見つけたら、ゲットしておきましょう。
→土井仁志さんのトワイライトシンドロームのページ

▲ページの先頭に戻る▲

アイドルプロジェクト クライム・プランニング :バイトギャル&犯罪バイトギャル

 所々に出てきてナレーションをしてくれます。ただし、全部叫びまくりです (^^;
 犯罪バイトギャルのほうは、変な話し方をしてます。 途中で殴られて気絶しちゃいますが(^^;
→[OVA版 アイドルプロジェクト]
土井仁志さんのページ板垣さんのページ

▲ページの先頭に戻る▲

声優だぁ〜い好き4“ウェディング・ベル” :ドカチャン王女

 いろんな声優さんたちの演じるショートドラマ集第4弾。
 ドカチャン姫はンゲゲゲルンパ星の王女で、 地球人とのお見合いにやって来たのですが、この王女がとってもわがまま。 おまけに文化の相違(?)もあってお見合いは大混乱へ……。
 ちなちなの強烈な超音波が炸裂します。ファンは買って損は無いでしょう。 (^^) 珍しい、ちなちなの「演歌」も入っています。  残念ながら、発売元のメディアレモラスが解散してしまったため、 廃盤となっています。運良く店で見つけたら、絶対ゲットしておきましょう。

▲ページの先頭に戻る▲

魔法少女ファンシーCoCo:森林真美

 これも……おもしろくないです(T_T) こうしてみると、 ちなちなの出演したラジオドラマ、っていまいちなのが多いですね。
 森林真美ちゃんは、変な人間に囲まれて苦労する普通の女子中学生です。 1、2回しか聞いてないんで、それ以上はよく分かりません(^^;
 本編はどうでもいいんですが、トークパートでちなちなが出た時、 タイマーをセットしたにもかかわらず、テープの残量確認を怠ったため、 録り逃したという事件がいまだに悔やまれます(T_T)

▲ページの先頭に戻る▲

MAZE☆爆熱時空:ランディ

 あかほりさとる原作の小説をラジオドラマ化したものです。 ちなちな演じるランディは、 OVA版からの出演、 ということで、すでにメイズ達とは知り合いです。
 CD5巻では、メイズと子作りをしようと大きくなって登場します。 結局、何もできずに終わるわけですが……。 折笠さん演じるソリュードとの絡みが聞きどころ、かも(^^;
 続く6巻では、子作りできないストレスが溜まったランディが、 "ランディ・シャドウ" となって、メイズ達に敵対します。 強いぞ、ランディビーム! ゴージャスなんかイチコロだ!(笑) 内容は……よく覚えてないや(^^;(^^;
→[TV版] [OVA版] [映画版]

▲ページの先頭に戻る▲

クロス・ロマンス:MC こと 織田 真理

 プレイステーション用ゲーム 「クロスロマンス〜恋と麻雀と花札と〜」 (発売中)をベースとしたオリジナルドラマCDです。 出演は今井由香、國府田マリ子、こおろぎさとみ、西村ちなみ、 柊美冬、氷上恭子、平松晶子、水谷優子。
 ちなちなは、今回MCの担当です。 一応、「織田 真理」(漢字不詳)という名前が付いています。 彼女曰く、「名前が欲しかった」そうで……。
 内容は無いよう、ですが、キャストだけはめちゃくちゃ豪華です。 「アイドルプロジェクト」もどき、 といった感じでしょうか。
 で……ちなちな、一番目立ってます。単なるMCキャラなのに(^^; スタッフ内部にちなちなのファンがいるとしか思えない内容です。 「ちなちなちなみに、って私の事じゃありませんが」とか 「それでは、レッツァンドゴー!」とか、いう台詞まであるし(^^; さらに、オープニングテーマエンディングテーマまで歌ってるし。
→[クロスロマンス ゲーム版]
サイトロンホームページ

▲ページの先頭に戻る▲

Wish:破璃

玻璃

 CLAMP原作の同名マンガをドラマ化した物です。 変な天使と悪魔と人間の物語。
 ちなちなは、悪魔「紅榴(こうりゅう)」 の子分の一人「破璃(はり)」を演じています。 黒猫に変身する事ができます。
 紅榴にはもう一人、 「瑠璃(るり)」という子分がいるんですが、 この声が大谷育江さんで、非常に区別しにくいです(^^;

 アニメイトで配付している冊子(商品を買うとくれる) 「ACT」59号、およびビクターエンタテインメントの配付している無料冊子 「m-Serve」45号に、「Wish」 ドラマCDに出演している声優さんへのインタビューが掲載されており(写真つき)、 破璃役のちなちなも出ています。

 「(大谷)育江さんと一緒に演れて楽しかった。 猫の持つ、甘い、の〜んびりした感じを出せるように気をつけた。 他のキャラでは琥珀ちゃんが好き。 もっと続くと思ってたので、全4回というのは残念」

 写真は、メインキャスト5人が並んでいるんですが、 こうやって見るとちなちなが小さい事がよく分かります(笑)
ビクターエンタテインメント アニメネットワーク "m-serv"

▲ページの先頭に戻る▲

魔法ロイド のぞみちゃん達!:ピカリン

ピカリン  ワンダ博士によって作られたアンドロイド、 「魔法(マジカ)ロイド のぞみちゃん達!」 が巻き起こすドタバタギャグドラマ。
 ピカリンちゃんは、設定によると、

「金の力で変身する。話すときになぜかことわざを会話に絡ませる。 かしこくてしっかりしている。」

との事ですが、元々、はちゃめちゃな行動をとるのぞみちゃん達だけあって、 賢いかどうかは極めて謎です(^^;
 また、ボーカルアルバムも発売されており、 「本気の恋をしよう」という歌を歌っています。
「魔法(マジカ)ロイド のぞみちゃん達!」公式ページ

▲ページの先頭に戻る▲

VIRUS(ウィルス):エリカ

 セガサターン用ゲーム「VIRUS」をラジオドラマ化したものです。
#サターン版のエリカは皆口裕子さんだったりしますが……
 時は23世紀、技術の発達により、精神・肉体をデータ変換して、 電脳空間という仮想現実(夢の世界)に入り込む事が可能になっていた。 そして、電脳空間に入ったままの人々を乗せた、移民宇宙船の中で、 ウィルスが発生して……。
 エリカは、この宇宙船の中の監視員の一人です。冷静沈着な女性技師ですが、 自分を押さえ込んでいるふしがあり、素直になれないでいるあたりがかわいいです。 主人公のサージに気があり、その事に気づかないサージや、 無神経な同乗者のゲイリーを相手にストレスのたまる毎日ですが(^^;)、 なんとか頑張って危機を乗り越えてほしいものです。
ハドソンのページ

▲ページの先頭に戻る▲

ラジオドラマ トゥルーラブストーリー:みさき

みさき  PlayStation用ゲーム 「トゥルーラブストーリー」 をベースにラジオドラマ化したものです。 みさきは、3rdエピソード「夏色のハーモニー」に、 南 弥生(CV:丹下桜)と一緒に主役級で出演しています。
 ドラマ版のみさきは、お節介焼きで、情報通で友達思いな少女、という、 ゲーム内の設定が非常によく活きています。 むしろ、ゲーム本編よりみさきのキャラクターが よく出てると思います。台詞も多いですし (^^;)
 ちなちなも、このキャラクターをしっかりと演じています。 特に、第4話の、柳沢に告白した後の弥生との会話のシーンは 極上 です。最後のプライド、というか。ここで泣いたらあきらめられなくなる、 そんな気持ちを実にすばらしい演技で表してくれました。
# どーでもいいけど、弥生の相手の水島先輩 (CV:子安武人)、まるっきり脇役(笑)
→[TLS ゲーム版]
アスキーの公式ページ

▲ページの先頭に戻る▲

まもって守護月天! −I LOVE YOU が言いたくて−:愛原花織

 ガンガンで連載中の「まもって 守護月天!」(原作:桜野みねね) をCDドラマ化したものです。
 ちなちな演じる、愛原花織という女の子は、中学1年生で、 主人公の七梨太助に一方的に片思いしている女の子です。 愛しい先輩のためならどんなことだって……、という、積極的な女の子。 久しぶりのラブラブモード、しかもロリキャラ(笑)という、 ファンにとっては嬉しい役柄。
 内容は……ちょっと、ねぇ。あまりにお約束というか、 ど〜しょ〜もない展開で、聞いてて引いてしまいました。 原作ファンでない人が買うのはちょっと酷かも知れません。

▲ページの先頭に戻る▲

CD DRAMA Desire:シェリル・シャトレート

 サターンで発売されているゲーム「Desire」の後日談を収録したドラマCDです。 キャスティングはサターン版と同じ。
 ドラマの中身ですが…… ごめんなさい、ゲームやってないのでよく分かりませんでした(^^;)。 ゲーム内で起きた事がイメージ沸きにくいのと、 登場人物多くて、キャラ同士の相関関係がつかみきれなくって。 一応、ブックレットにキャラ紹介は書いてあるし、 ドラマ内でも時々説明は入るんですけどね。 ゲームをプレイした方でドラマを買われた方のレビューをお待ちしています。
 ちなちな演じるシェリルは、おとなしいタイプの女性。 まじめで有能なんだけど、自分に自信を持てない、そんな印象を受けました。

▲ページの先頭に戻る▲

トゥルーラブストーリー みさきの部屋へおいでよ: みさき

 「トゥルーラブストーリー」の世界を、 主人公(プレイヤー)の妹 "みさき" の視点から見たドラマシリーズです。 全12話(CD3枚)。みさきの視点から、ということで、 登場キャラクターの日常の姿が描かれています。
 ドラマの出来はなかなかのものです。

▲ページの先頭に戻る▲

ドラマCD みつめてナイト: キャロル・パレッキー

 PlayStation用のゲーム「みつめてナイト」 を、登場キャラの一人、ライズ・ハイマーを主人公として再構成したドラマです。 基本的な流れは本編と同じなのですが、ライズを主人公としているため、 かなり印象は異なったものになっています。 本来の主人公であるプレイヤーは、最後にやっと登場するだけだし、 恋愛話も全然出てきません(笑)。
 ちなちなは、キャロル役で出てきます(2巻〜4巻)。 2巻ではウェイトレス、3・4巻では王宮のメイドとして登場します。 特徴としては、とにかく他人の注文を間違えまくること。 馬鹿度はゲーム本編より確実にパワーアップしています(^^;)
 ちなちな目当てで買うのはちょっと辛いかも……。歌も入ってないし。 ただ、ストーリーは結構いいと思うので、ライズ萌えなら買いですね(笑)。

▲ページの先頭に戻る▲

アキハバラ電脳組ドラマシアター Dennohgumi-2010・夏:北浦和うずら

 TVアニメ「アキハバラ電脳組」 の、外伝的ドラマCDです。 よく分からんけど本編とほとんど関係のないドラマです(^^;)
 ドラマは3話構成なのですが、第3話にしか出てきません。 いわゆる、「ラスボス」ってやつです(笑)。いや、まじで。 あまり深いストーリーは求めないでください(^^;)
 うずらちゃんはやっぱりいつものうずらちゃんでした(^^;)。 超スレンダーなお胸のかもめさまラブラブです。
 しかし、板金加工までしちゃう、うずらちゃんのお父さん、 何者?(^^;)
 ドラマの他、「うずらの恋物語」 という歌も歌っています。この歌が……いや……その……とにかく聞け!

▲ページの先頭に戻る▲

アキハバラ電脳組ドラマシアター Dennohgumi-2011・春:北浦和うずら

 アキハバラ電脳組のドラマCD第3弾(第2弾にはうずらちゃん、出てません)。 この巻は後日談というよりは、映画のプレリュードといった内容になっています。 泉岳寺かもめが大阪に帰るお話し。 1巻に比べると結構シリアスな展開になっています。
 4話構成で、うずらちゃんは2話目と4話目に登場。 今回もまたまわりの状況を無視したすっとんきょうな登場をしてくれます。 が、登場の仕方とは裏腹に、今回は結構重要な役割をしてくれています。 さらに、今回はアルバタールのコスプレ姿も披露してくれます。 ちなみにお父さんが割り箸やダンボールで作ってくれたらしい(笑)。
 そして、おまけドラマの「アキハバラ第二電脳組」では、 うずらちゃんが主役をやっています! 全台詞の50%はうずらちゃんじゃないのかな?(^^;)
 アキハバラの平和を守る、北浦和うずら、下落合めぐみ、西船橋ちあきの3人組。 独自のやりかたで平和を守る3人組の運命は!?(笑) こっちは単純にギャグですので気軽に聞くのが吉。 多少笑えない部分もあるけど(^^;) (値下がり激しいよね、パソコンの部品も(;_;))。

▲ページの先頭に戻る▲

恋する音楽小説:(ナレーション)

 NHK-FMで、毎週土曜日23:15〜24:00に放送している番組。 恋愛にまつわる物語を、ナレーターが朗読して、 間に音楽を挟み、時々その物語の登場人物の台詞を交えて進行していく、 そんな構成になっています。
 ちなちなは、2000/02/12の放送でナレーションを担当しました。
 物語は、とある女子高生の恋の話。好きになったはずの彼に対する気持ちが、 だんだん好きではなくなって、でも、彼は自分のことを好きでいてくれる、 そんな内容でした。
 ただ、この「物語」を誰が作ったのかは知りませんが、 どうも「彼女」が一方的に彼氏を振った、という印象が強かったです。 おまけに、この「彼女」のインタビュー、っていうか、台詞の声が…… こう言っちゃなんだけど、まんまバカ女子高生声で…… 聞いてて、気分悪くなりました。
 あ、ちなちなのナレーションは良かったですよ。 落ち着いた雰囲気で、ゆっくりと話すちなちなの声、 というのは結構貴重かも(^^;)

▲ページの先頭に戻る▲

ゲートキーパーズ 地球防衛外伝:鳳 妃玲

 ゲーム版「ゲートキーパーズ」の外伝をつづったドラマCDです。 もともとは、ラジオ番組「ミッドナイトキーパーズ」で放送されたものです。 フェイはCD1「悪魔の霧を消し飛ばせ!」と CD2「平和の歌を守り抜け!」、それにおまけドラマの「消えた体操服…」 「モーレツだよ、麗子さん」に出演しています。
 あと、ドラマ各話の冒頭のタイトルコールのBGMで、 「サイケデリックでGo! Go!」が流れるのですが、この時、 ちなちなの「Go! Go!」が右から良く聞こえます(^^;)

 CD1は、光化学スモッグを吐き出すインベーダーと、 イギリスから来たゲートキーパー、ジム・スカイラークのお話。 フェイは、まぁ、わき役。ジャケットにも出てないしね(^^;)。 ただ、物語中で彼女の友達思いな面を垣間見る事ができます。

 CD2は、アンドロイド少女と浮矢の話。 かなりシリアス度の高い話になっています。 フェイちゃんですが、第2話のタイトルコール、フェイが担当なのですが、 ここの「……の巻だポコペン」ってのがナイス(笑)。 また、第3話では、インベーダーに対して、百 獣のゲートでパンダ召還をしています。他にも、CD1に比べて活躍シーン多いです。

 おまけドラマのシャボン玉地球防衛劇場(なんだかなぁ、このタイトル(笑)) では、近衛かおる、北条雪乃とともに主役を努めています。 更衣室から消えた体操着を探す3人のお話。 コメディードラマとしてはイマイチですが、登場時に 「♪私はフェイだよ中国むっすめ〜」 という謎の歌を歌ってるのがポイント高いです(^^;)。

 おまけドラマ2は、タイトル通り、麗子さんの話。 突如現れた大怪獣とかUFOとか巨大フナムシとか(以下略)。 その時麗子さんは……何やってるんでしょうね(^^;)。 フェイは怪獣その他退治メンバーの一員です。

▲ページの先頭に戻る▲

ミュージカル おじゃる丸 サウンドトラック :おじゃる丸・小野小町

 劇団飛行船マスクプレイミュージカル『おじゃる丸』のミュージカルサントラです。 ミュージカルのサントラ、ってのもなんか変な感じですが、 ようは実際の舞台で歌われてる歌を中心に、舞台の内容が収録されています (全部ではないけれど)。
 マスクプレイミュージカル、ということで、役者さんは全員着ぐるみを着て、声はアニメの声優さんが当てているようです。このCDでも、セリフ・歌ともアニメ版の声優さんが担当しています……が。
 おじゃる丸の声が、このCDから小西寛子さんから、ちなみさんに替わっています。小町ちゃんも出ているので、二役やってる事になりますね。
 このCDが出たのは、アニメ第4期が始まる前で、当時はなぜおじゃる丸役をちなみさんがやってるのか謎でした。アニメ版での伏線だったわけですね(^^;)

▲ページの先頭に戻る▲

高機動幻想ガンパレードマーチ 夢散幻想:森精華

 PlayStation用ゲーム“高機動幻想ガンパレード・マーチ”のドラマCDです。
 このシリーズですが、ガンパレの“没シナリオ”と呼ばれている、シナリオ 1・2・3をベースにしているのが特徴です。そのため、ゲーム本編とはキャラクターやシナリオが微妙に違っていたりします。
 この「夢散幻想」では、シナリオ1の内容を、全4巻にまとめています。物語は速水と舞を中心にして、瀬戸口と壬生屋とののみ、遠坂と狩谷、来須、加藤、岩田、善行といった人物が関わってくる事になります。
 ……で、森ちゃん、実はあまり出番がありません(;_;)。1巻は出てないし(ちなみさんはTVのアナウンサーの声をやってますが)、2巻は一言だけ。3巻になってようやくまともに出てきた感じですが、話の中心には関わっていません(4巻も同様)。
 性格や立場も、ゲーム本編とほとんど同じですね。性格的にきつい面がやや強調されてる感じですが。
 ちなみさんは、森ちゃんの他に、小神族の長姉、イトリも演じています(速水についている小神族ですね)。森ちゃんはゲーム本編とほとんど変わらない落ち着いた口調ですが、イトリは少々高めのかわいらしい声。速水に向かって何度も言う「おたんちん!」というセリフはなかなか聞き応えがあります(^^;)
 ゲーム同様、ちなちなの声目当てで買うと、結構痛いですが、ガンパレ好きなら……裏設定とかある程度知っていて、それが嫌でなければ、十分に聞き応えのあるシリーズです。ぁ、4巻のラストは違う意味で痛い。

▲ページの先頭に戻る▲

高機動幻想ガンパレードマーチ 少女幻想:森精華

 ガンパレードマーチ ドラマCDの第5巻。この話は、いわゆる“シナリオ2”をベースにしています。今回は茜と田代、そして坂上先生が登場。代わりに、来須や小神族は出てきません。そして、なんと、舞が子供(4〜6歳ぐらい?)です。神々も魔法もない世界。それがこの“少女幻想"の世界です。物語の流れとしては、”夢散幻想”の前にあたるお話。
 いつもの5121小隊の風景。罰で校庭を走らされる滝川と中村。口げんかの絶えない森と茜。素子ファンクラブを結成する若宮。ののみと談笑する瀬戸口。布団を干す遠坂。そして、速水と、そのそばを離れようとしない、幼い舞。一見、平和に見える日常。しかし、一度サイレンが鳴れば彼らは戦場に行かなければなりません。そのたびに「あっちゃんが帰って来なくなるのでは」と不安でたまらなくなる舞。
 そんな中、舞の風邪がきっかけで急速に近づいていく速水と田代。新井木と争奪戦なんかも繰り広げたりして。そんな田代に嫉妬する舞。
 そして、運命の時がやってきます。スキュラのレーザーに撃ち抜かれる速水。最後まで舞の事を思いながら、彼は死んでいきます。壬生屋と滝川も死に、壊滅する 5121小隊。そして、速水の死体の前で、舞は、あの男と──父となる男と、出会うのでした。
 森ちゃんですが、前半で茜との口げんか、という見せ場があります。口げんかっていうか、一方的に茜にやりこまれてる感じですが。でもここで例の「方言」が聞けたのでオッケーです (笑)。その後もちょこちょこと出てきます。刃物持って出て行こうとする原さんを止めたりとか(笑)。ただ、物語の中心には入らず、わき役といった感じですね。しかし……ほんとにやってたらちょっと変態ちっくです、それは(^^;)>森ちゃん。

▲ページの先頭に戻る▲

高機動幻想ガンパレードマーチ 英雄幻想:森精華・イトリ

 ガンパレードマーチ ドラマCDシリーズ完結となる第3弾。 シナリオ3の内容を、全3巻に収録。
 この「英雄幻想」、主人公は速水なんですが、 彼はなぜか第7世界(現実に限りなく近い世界)に飛ばされていて、 舞台はこの第7世界と第5世界(ガンパレードマーチの世界)を交互に描いています。 というわけで、ちなみさんは、「第5世界の森精華」「第7世界の森精華」そして 「小神族・イトリ」の3役を演じています。
 第5世界の森さんは5121小隊の整備士。 第7世界の森さんは、アルファシステムの社員! そりゃ、森さんのモデルはアルファの森直子さんだけどさぁ(^^;) この第7世界編には、他にもアルファ社員が出てきちゃって、ちょっと萎え。 まぁともかく、彼女は速水を第5世界に戻す協力をすることになるのですが、 次第に速水に惹かれていき……。
 そんなわけで、これまでと違い、かなりストーリーの中心にいる役割でした。 聞きどころは、速水と寝てる (注:えっちな台詞はありません(^^;)) シーンと、森さんとイトリの会話でしょうか。 分かりづらいけど(爆)。

▲ページの先頭に戻る▲

アクエリアンエイジ Sign for Evolution SPHERE1: Influential 阿羅耶識:阪元流水子

 アニメ版“アクエリアンエイジ”の外伝的なドラマCD。 このCDでは、ちなちな演じる阪元流水子ちゃんの属する「阿羅耶識」 の由来が語られています。 ドラマというか流水子のモノローグがほとんどということもあって、 面白いというわけではないのですが、 アニメでしか知識のない人間にとっては非常に分かりやすいものです。
 あと、冒頭では、まだ「覚醒」前の流水子ちゃん7歳、が登場します。 本編の大人びた口調とはうって変わってお子さま(笑)。
 この他、ちなみさんの歌う歌2曲と、 梶浦由紀さんの手によるイメージ曲が2曲収録されています。どれもよい曲です。 個人的にはお買い得度高し。

▲ページの先頭に戻る▲

ちっちゃな雪使いシュガー magical stage 2: グレタ

「ちっちゃな雪使いシュガー」のドラマCD第2弾。
……なんですが。CDをプレイヤーにかけて再生した瞬間!

「♪あ〜ら、サガさん、偶然ですこと〜」

というグレタの華麗なる(笑)歌声が響きわたります。そう。グレタのイメージソング。その名も「グレタイズム」(笑)。グレタの登場時のBGMがありますよね。あのBGMに、歌詞を乗せた歌です。間奏の間じゅう続く高笑いもすごい。とにかく実にグレタらしい歌に仕上がっています。数あるちなみさんのキャラクター・ソングの中でも1,2を争うインパクト。必聴です。
 ドラマパートも主役はグレタ。サブタイトルは「グレタの華麗なる日常」。 最初は超ゴージャスワッフルでサガの気を引く作戦……シュガーに振り回されるサガに無視されて失敗。 続いて「学校一番乗り大作戦」……日曜日だったことに気づかず登校して失敗。 続いて「野良猫呼び寄せ勝負」……猫さんに顔が利くグレタ……猫娘ってこと?(^^;) 勝負はサガの勝ち。
 次はサクランボの茎を口の中で結ぶ勝負……サガの勝ち。しかも舌を噛むグレタ。 続いては「お弁当早食い競争」……途中で喉をつまらすグレタ……良い子はまねしちゃダメよ。 あっちむいてホイ……ドイツにもあるのか?(^^;) とにかくサガの勝ち。 そして、サガを自分の家のお風呂に招待するグレタ。で、やることは……「どちらが長く風呂に入っていられるか勝負」(笑)。最初にリタイアしたのはシュガーですが(^^;)、結局勝負はサガの勝ち。 次は突然の雨にゴージャスな傘を披露するグレタ。でも、それを自分で「日傘」とばらしてしまうグレタ。もちろんサガの方は傘を持っていて(季節使い見えるもんね〜)。サガの傘に入れてもらったグレタ。「ありがとう」の一言が照れくさくて言えなくて、結局タイミングを逸してしまうのでした。それでもグレタはあきらめません。また明日からの勝負を考えながら帰路につくのでした(笑)。
 グレタのサガに対する愛(笑)があふれるドラマCDです。あと、時々出てくるサガの真似が微妙に似ててナイス。
 この他、出演声優さんのメッセージ、サガ(浅野真澄さん)とシュガー(川上とも子さん)の歌う「ハッピー・ジンクス」という歌が収録されています。

▲ページの先頭に戻る▲

成恵の世界 その2「夏への扉」: 魔砲少女4号ちゃん

 少年エースで連載中のマンガ、「成恵の世界」のオーディオドラマ化。
 で、ちなみさん演じる魔砲少女4号ちゃんですが、 そのマンガの中で放映されてる劇中アニメ「魔砲少女四号ちゃん」のヒロイン、 だそうです。
「魔砲少女四号ちゃん」は、CD2巻、第6話に登場。 本編の主人公、飯塚和人くんがハマってるアニメ。 作画レベル高くて、話も面白くて、音楽もいいし声優さんもうまい、 という作品だそうです。
 アニメに夢中な和人の気を引こうとして、その4号ちゃんのコスプレに成恵が挑む、 という話。だけど、原作知らないんでどんなキャラなのか不明(^^;)。 ブックレットにイラスト載せてほしかったです。
 実際のドラマでは、成恵の買ったドラマCDのキャラとして登場。 田村ゆかりさん演じる友達のシャーマンちゃんとの対決というシリアスシーンからはじまり、 敵役の三号ちゃんとのバトルシーンへとつながっていきます。 決めゼリフは「恋と平和の魔砲少女! あなたの胸に、直撃よ!」(笑)

▲ページの先頭に戻る▲

成恵の世界Special その1 「スチールハート」:魔砲少女4号ちゃん

 成恵の世界のドラマCDシリーズの続編。 今回は、「4号ちゃんコスプレのど自慢」に出場することになった成恵に、 4号ちゃんの基礎知識をたたき込むとために「4号ちゃん」のビデオを見る── という設定で、内容はほとんど4号ちゃんのドラマCDになっています。
 ドラマは、大当真名花という少女が魔砲少女4号ちゃんになる経緯からはじまり、 友人となるシャーマンちゃんとの出会い、 そして敵との戦いといったシーンが描かれます。
 真名花は、弓は得意だけど人づきあいは苦手で、ややネガティブな性格の女の子。 ちなちなキャラとしては結構珍しいタイプですね。 4号ちゃんに変身したあとは、かなりイケイケですが(^^;)
 あと、「スチールハート」という主題歌があるのですが、 歌っているのは成恵役の能登麻美子さんと八木はじめ役の渡辺明乃さん。 ちなちなバージョンも入れてほしかったですねぇ(^^;)

▲ページの先頭に戻る▲

みんなのがんぱれーど・まーち 1・2: 森精華

 ガンパレのドラマCD。 「〜幻想」シリーズとは違う、ゲームの内容の外伝的ドラマCDになってます。 1巻は1組(ラインオフィサー)、2巻は2組(テクノオフィサー)中心で、 同じ時間軸の内容を異なる視点で見た構成になってます。 ってわけで、森さんの出番は2巻が中心(1巻にも出てますけどね)。
 森さんは、原主任と整備士(特に女子)たちとの間に挟まれて、 苦労する立場(^^;)。 でも、彼女の努力する姿は隊員たちの心を一つにまとめていきます。 しかしそんな時、幻獣の攻撃により5121小隊も出撃することになります。 勝ったと思ったのもつかのま、整備車両のすぐ近くに幻獣が現れてしまい……。
 コミカルな面もシリアスな面も含めた、ガンパレらしいエピソードだと思います。 茜×森派の人は必聴、かな?(^^;)

▲ページの先頭に戻る▲


Back
[映画]
Up
[作品紹介]
Forward
[ゲーム]
Home
[表紙]

Copyright 文月 十一郎 (Fudsuki Juichirou) Mail: fuzukiあっとdin.or.jp(半角/記号に変換してください)